お別れ

先日実家にいたミニチュアダックスのココワが旅立ちました

時間が経って、まだ切ないけれども

大きなメッセージを伝えてくれているような気がしてます

少し離れた実家にいて突然の連絡

泣きながらも思いが溢れて止まらなかった

その場で出てきた言葉を綴っておきます

ココワ

おれは何をしてあげられただろうか

死ぬ間際君は何を思い出したのだろうか

しばた家に飼われて幸せだったかい

辛くなかったかい

いまだに信じられないよ

君が亡くなったなんて

まるで眠っているようじゃないか

いつも見たいな間抜けないびきが聞こえてくるようだよ

あまりにも突然

いきやがって

君はすごく可愛かった

間抜けなところも

きっと、心を癒すためにしていたんだね

うーうーうなって怒っていたけど

あれさえも今思えば愛おしい

死ぬなんてあんまりじゃないか

亡くなった今

君の幸せを願っているよ

安らかに眠るのか

幸せに転生するのか

わからないけれども

きっと素敵な選択肢だったのだろう

君が入っていた枠組みは空っぽになってしまったね

余ったドックフードもむなしく感じるよ

でも、でも、

出会えたことは奇跡なんだ

何か伝えたいことがあって、僕らは会ったんだ

・・・

人の才能は素晴らしい

どうしてこんなに透き通った歌声なんだろう

どうしてそんなに素直な心なんだろう

それは突然すぎた

優しさの歌声に

うまいくて優しい声に

運ばれて

君のことを考える

・・・

突然すぎて準備なんてできなかった

せつなくて

愛しくて

でもそこにはたしかにあたたかい気持ちがあって

笑えって

幸せになれって

自分の好きに生きろって

そう訴えている気がして

僕には

そんなメッセージを残してくれたんだ

悲しみはあるけれども

お前は何のために生まれてきたんだって

幸せに楽しく生きるためだろって

そんな生き方してるのかって

透き通った声を、聴きながら

君に想いを馳せながら

そんなことを思う

ありがとう

ありがとう

そんな当たり前なことを

今頃気づいたんだ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です